スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
航空機整備会社、無資格者が検査 JAL機、1カ月使用

 日本航空(JAL)が整備委託している日東航空整備(東京都大田区)が、資格のない訓練生が検査した航空機の前輪ホイール4本を、「検査済み」と装って出荷していたことがわかった。この前輪は約2週間~1カ月、国内線の運航に使われていた。国土交通省東京航空局は14日、同社を厳重注意した。

 問題となったのは、JALのDC9とMD90型機の前輪ホイールについて、傷がないかを超音波を使って調べる検査。傷を放置するとタイヤの空気圧が下がるなどして、着陸の安全性に影響する可能性がある。

 このため一定期間ごとに、資格のある整備士が検査をする決まりだが、昨年11月下旬の検査時には資格者(38)が休みで、訓練生(39)に任せていた。資格者が改めて検査をしなければ「適合」にならないが、目視によるチェックで済ませ、検査済みの印を押して出荷していた。

2009年1月14日18時55分 asahi.com

航空機整備会社、無資格者が検査 JAL機、1カ月使用

怖い話ですねぇ。最近大事故が起きていませんが、こういったことの積み重ねが大きな事故につながるんじゃないですかねぇ。

スポンサーサイト
【2009/01/14 23:29】 | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<手さばきに歓声 マグロ解体ショー さかなまつりに4000人 | ホーム | 当たったような感じがしなかった・・・ひき逃げで会社員の男を逮捕>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hackingnice.blog79.fc2.com/tb.php/6-4c67046e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。