スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「休みたいならやめればいい」から、一般社員1万人の賃金を最大5%削減

2008年4月23日付けの記事で

 「休みたいならやめればいい」――。日本電産の永守重信社長は23日、記者会見で「社員全員が休日返上で働く企業だから成長できるし給料も上がる。たっぷり休んで、結果的に会社が傾いて人員整理するのでは意味がない」と持論を展開。10年間で売上高が6倍超という成長の原動力が社員の「ハードワーク」にあることを強調した。

 同日発表した08年3月期連結決算は、売上高が前年同期比17.9%増の7421億円で、5期連続の2けた成長。営業利益も768億円で過去最高だった。主力の精密小型モーターなどが好調だったのに加え、07年に日立製作所から買収した日本サーボが買収初年度で黒字転換し業績に貢献した。

 今後も積極的な買収戦略を進め、10年度に売上高1兆円、15年度に2兆円に押し上げる青写真も披露。「成長しているからこそ休みが無くても優秀な技術者がどんどん転職してきてくれている」と現路線に自信をみせた。

asahi.com 「休みたいならやめればいい」急成長の日本電産社長

という状況だったのだが、今回の不況で

 モーター製造大手の日本電産は10日、国内のグループで約1万人いる一般社員の賃金を2月から最大5%削減する方針を明らかにした。既に実施している役員報酬の減額幅も最大5割カットに拡大する。永守重信社長は「危機感を共有して不況に立ち向かう。赤字転落を避け、雇用を維持する」と話している。

 業績が好調な日本電産コパル電子を除く国内の全社員が対象で、会社の業績に応じて減額幅は1~5%とする。労働組合があるグループ会社は既に労使間で合意しているという。

 役員報酬は昨年12月から10~30%削減しているが、永守社長の削減幅を30%から50%に広げるなど20~50%に拡大する。

 日本電産は、08年3月期までの5年間で連結売上高が3倍になるなど業績拡大を続け、08年春には6%の賃上げを実施した。しかし、09年3月期の連結営業利益が3期ぶりに減益になる見通しになり、一転、賃金削減に踏み切ることにした。【宮崎泰宏】

1月10日12時42分配信 毎日新聞

日本電産 一般社員1万人の賃金を最大5%削減へ

これはどうなんだ?いくら急な経済危機といえ、賃金削減に手を付けるとは。5年も成長していたのにそれくらいの蓄えもしてないとうのは経営者としてどうなのだろうか?まあ、人員整理まで行かないだけでも、相対的には、良い方に見えてしまうが。

スポンサーサイト
【2009/01/11 21:24】 | 雇用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<車に放火の46歳男逮捕、犯行を認めた | ホーム | スカート内を盗撮した容疑者の襟首をつかんで取り押さえた~!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hackingnice.blog79.fc2.com/tb.php/2-b636fbd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。