スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ルーリン彗星とらえた 人類最後の?観測チャンス

 07年に発見されたルーリン彗星(すいせい)が、地球に接近しつつある。夜空に光る姿を、沖縄県石垣市の石垣島天文台が撮影した。2月末に地球に最接近する。太陽に再び近づくのは数万年後とされ、「76年ごとのハレー彗星と違い、人類にとって一回こっきりの観測チャンスかも」と国立天文台。

 まだ太陽との距離が遠く、はっきりした「尾」は見えていない。ただ、通常なら太陽とは逆方向に伸びる尾が左右両方にうっすら見えており、国立天文台も「観測例はあるが、珍しい現象」という。

 まだ望遠鏡でないと見るのは難しいが、接近するにつれて明るさを増し、肉眼でも見えるようになると期待されている。

2009年1月27日6時13分 asahi.com

ルーリン彗星とらえた 人類最後の?観測チャンス

人類最後の観測チャンスですかぁ。肉眼で見えるようになったら拝んでおきますかぁ。

スポンサーサイト
【2009/01/27 21:30】 | 科学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メタボリックという名の陰謀は、まだ続いている・・・ | ホーム | 射撃訓練中、拳銃暴発=弾抜き忘れ、けが人なし-千葉・柏署>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hackingnice.blog79.fc2.com/tb.php/19-84edae23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。